蘚苔類研究
Online ISSN : 2424-2624
Print ISSN : 1343-0254
八ヶ岳白駒池周辺の原生林(日本の貴重なコケの森)
樋口 正信
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 10 巻 1 号 p. 21-22

詳細
抄録

白駒池は八ヶ岳のほぼ中央を東西に横切る麦草峠の近く,標高約2100mにある湖である.白駒池周辺はコメツガやシラビソなどの亜高山性針葉樹林に被われており,林床にはコケ植物の旺盛な生育が見られる.代表的な種には,イワダレゴケ,オオフサゴケ,カギカモジゴケ,コセイタカスギゴケ,セイタカスギゴケ,チシマシッポゴケ,ミヤマクサゴケ,ムツデチョウチンゴケ(以上,蘚類),イチョウゴケ,オオヒシャクゴケ,タマゴバムチゴケ,ヨシナガムチゴケ(以上,苔類)などがある.コケ植物群落と針葉樹林の取り合わせの美しさや規模の大きさなどにより,その景観はポスターや印刷媒体によく利用され,アクセスも容易であることもあって,現地の観光資源の一つとなっている.

著者関連情報
2010 日本蘚苔類学会
前の記事 次の記事
feedback
Top