地質調査研究報告
Online ISSN : 2186-490X
Print ISSN : 1346-4272
ISSN-L : 1346-4272
論文
関東山地東縁部,白亜系高岡層の石灰質砂岩から得られた砕屑性ジルコンU–Pb 年代
原 英俊
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 71 巻 6 号 p. 509-516

詳細
抄録

関東山地東縁部に分布する下部白亜系高岡層の石灰質砂岩より,砕屑性ジルコンのU–Pb年代測定を行った.U–Pb年代の最若粒子年代及び最若ピーク年代は,109.7 ±0.8 Ma及び110.0 ± 1.0 Maが得られた.これらはともにアルビアン期前半を示し,高岡層がアルビアン期前半以降に堆積したことを示唆する.また高岡層の石灰質砂岩は,ペルム紀~三畳紀(276 ~ 240 Ma)のジルコンを多く含むことを特徴とする.砕屑性ジルコン年代及び砂岩の岩相より,高岡層の後背地には,ペルム紀~三畳紀の花崗岩類と秩父帯付加コンプレックスが分布していたと考えられる.堆積年代より高岡層は,山中白亜系の三山層に対比される.しかし両層は,ジルコンのピーク年代スペクトルの特徴に違いが認められ,異なる後背地によって特徴づけられる.

著者関連情報
© 2020 産業技術総合研究所 地質調査総合センター
次の記事
feedback
Top