分析化学
Print ISSN : 0525-1931
報文
ニュートラルキャリヤー型リチウムイオンセンサー感応膜におけるイオン液体の添加効果
大上 良介大崎 秀介矢嶋 摂子木村 恵一
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 57 巻 8 号 p. 619-624

詳細
抄録

イオン選択性電極の感応膜材料としてイオン液体を用いた可塑化ポリ塩化ビニル膜を作製し,そのセンサー性能を評価した.ニュートラルキャリヤーとしてリチウムキャリヤーであるポリエーテルアミド誘導体を用いた場合,膜溶媒としてイオン液体であるヘキサフルオロリン酸1-ブチル-3-メチル-イミダゾリウムと汎用膜溶媒である2-ニトロフェニルオクチルエーテルの混合物を用いることで,従来の膜と比較してリチウムイオン選択性の向上が認められた.

著者関連情報
© The Japan Society for Analytical Chemistry 2008
前の記事 次の記事
feedback
Top