分析化学
Print ISSN : 0525-1931
報文
安定同位体比分析による日本国内に流通する牛肉の産地判別
中下 留美子鈴木 彌生子伊永 隆史渡辺 伸枝田中 公一
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 58 巻 12 号 p. 1023-1028

詳細
抄録

炭素・窒素・酸素安定同位体比質量分析法を用いて,日本国内に流通している牛肉の産地判別の可能性について検討した.牛肉の各元素の安定同位体比は,品種の違いよりも肥育環境(肥育地及び餌)の違いを反映していた.国産及び輸入(豪州産・米国産・ニュージーランド産)牛肉の炭素安定同位体比は,米国産,国産,豪州産,ニュージーランド産の順に高い値を示し,酸素安定同位体比は,豪州産が国産,米国産,ニュージーランド産より高い値を示した.国内4地域(沖縄,三重,山形,北海道)から収集した牛肉については,炭素・窒素安定同位体比はどの地域も同様の値を示したが,酸素安定同位体比は地域によって異なり,高緯度地域ほど低い値を示した.以上のことから,安定同位体比質量分析法により,輸入牛肉と国産牛肉の判別だけでなく,国産牛肉についても,緯度が大きく離れているものについては判別できる可能性が示唆された.

著者関連情報
© The Japan Society for Analytical Chemistry 2009
前の記事 次の記事
feedback
Top