分析化学
Print ISSN : 0525-1931
報文
イオン対抽出を用いるリン酸イオンの間接化学発光検出
太田 奈奈美児玉谷 仁山崎 重雄藤永 薫小松 優齊藤 惠逸
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 58 巻 6 号 p. 539-544

詳細
抄録

トリス(2,2'-ビピリジン)ルテニウム(III)錯体の化学発光反応を利用したリン酸イオンの高感度測定法を開発した.酸性条件下,リン酸イオンとモリブデン酸イオンが反応して生じるモリブドリン酸イオンをトリ-n-プロピルアンモニウムイオンによりイオン対を形成させることで有機溶媒中に抽出した.この対イオンとして抽出されたトリ-n-プロピルアンモニウムイオンをトリス(2,2'-ビピリジン)ルテニウム(III)錯体の化学発光反応を用いて検出することで,間接的にリン酸イオンの検出を行った.抽出と検出のための最適条件を検討し,検量線を作成したところ,0.01~10 μMまで良好な直線性(r=0.9998)が得られた.検出限界(S/N=3)は7.3 nM(0.22 ngP/mL),再現性は2.0%(1 μM,n=6)であった.環境水中のリン酸イオンの測定に応用した結果,既存のモリブデン青法と本法の検出値は両者で近い値が得られ,またモリブデン青法では感度不足で測定不可能な試料においてもリン酸イオンの測定が可能であった.

著者関連情報
© The Japan Society for Analytical Chemistry 2009
前の記事 次の記事
feedback
Top