J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

分析化学
Vol. 60 (2011) No. 12 P 895-909

記事言語:

http://doi.org/10.2116/bunsekikagaku.60.895

年間特集「土」:分析化学総説

腐植物質(HS)は,親水・疎水部位双方を有する両性物質で界面活性能を持つ.このようなHSの機能は,多環芳香族化合物,ポリ塩化ダイオキシン類,農薬など様々な疎水性有害有機物(HOPs)の土壌への吸着だけではなく可溶化のような移動・拡散にも関与する.HSは,このように相反する働きをするユニークな物質であるが,これらをHOPsで汚染された環境の修復に利用する試みがなされている.HSは,起源や生成環境により構造的特色が大きく異なる不定形であるがゆえに,HOPsに対するユニークなふるまいを示すと考えられる.しかし,このようなHSの不均一性は,環境技術へ応用する場合,どの程度の効果が期待できるのかを評価することを困難にする.本論文では,HOPsとの相互作用にかかわるHSの機能解明に対するこれまでの研究を紹介するとともに,土壌浄化への活用に関する展望を議論する.

Copyright © The Japan Society for Analytical Chemistry 2011

記事ツール

この記事を共有