J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

分析化学
Vol. 66 (2017) No. 1 p. 1-10

記事言語:

http://doi.org/10.2116/bunsekikagaku.66.1

年間特集「光」:総合論文

タンパク質を検出するための分子は"選択的"であるほど良いというのが一般的な理解である.しかし,近年,従来とは異なる発想にもとづく「交差反応的光学フィンガープリンティング法(COF法)」というタンパク質センシング法が提案された.この方法は,従来,タンパク質の検出にとってマイナスと捉えられてきた"交差反応的"な相互作用を利用する.本稿では,はじめにCOF法を概説し,その後,COF法を構築するために酵素/イオン性高分子間で形成したポリイオン複合体(PIC)を利用した著者らのアプローチを紹介する.このPICを用いるCOF法では,異なる性質をもつ複数のPICをタンパク質と相互作用させることにより,タンパク質の物性を反映した"酵素活性のフィンガープリント"を得る.フィンガープリントを統計的に解析することで,ヒト血漿しょうタンパク質やアルブミンホモログの高精度な識別を実現してきた.またCOF法は,1種類のタンパク質を含む溶液だけでなく,複雑なタンパク質混合液の組成の識別にも適用することができる.この特長をいかし,著者らは,細胞分泌タンパク質の組成の識別にCOF法を応用した"セクレトームフィンガープリンティング法"を開発した.これにより,がん細胞の種類や幹細胞の分化系譜を,非破壊的かつマーカー分子に頼らずに同定できることを実証した.

Copyright © The Japan Society for Analytical Chemistry 2017

記事ツール

この記事を共有