日本物理学会誌
Online ISSN : 2423-8872
Print ISSN : 0029-0181
ISSN-L : 0029-0181
高次元時空から見たCP対称性の破れの起源(最近の研究から)
丸 信人
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 65 巻 7 号 p. 545-548

詳細
抄録

小林・益川両氏によって素粒子の標準模型における「CP対称性の破れ」の機構が提案され実験でも検証されたが,現在の物質・反物質の非対称性を十分に説明できない.本稿では,高次元理論に基づいた新しいCP対称性の破れの機構について最近の研究成果を解説する.

著者関連情報
© 2010 一般社団法人 日本物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top