J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本物理学会誌
Vol. 45 (1990) No. 1 P 25-32

記事言語:

http://doi.org/10.11316/butsuri1946.45.25


欧米では過去の実験技術として捨てられた原子核乾板の技術を日本独自の方法で絶えず革新し, 最高の空間分解能1μmを持つ特性を活かしながら, 最先端の素粒子物理学の分野で成果を上げてきた経過について述べる. 原子核乾板の技術はコンピュータ制御の自動飛跡解析機と, 原子核乾板・カウンター複合実験法とにより, 今また素粒子物理学におけるユニークな実験技術として甦った.

Copyright © 社団法人 日本物理学会

記事ツール

この記事を共有