日本物理学会誌
Online ISSN : 2423-8872
Print ISSN : 0029-0181
兵庫県南部地震による阪神地域の被害分布とその解釈
武村 雅之
著者情報
ジャーナル フリー

1995 年 50 巻 9 号 p. 730-735

詳細
抄録

兵庫県南部地震は阪神地域を中心に大きな被害をもたらした.阪神地域での被害調査結果を分析すると,被害は地域的に集中しており,被害の大きい地域とそうでない地域とがはっきりと別れている.このような被害分布の特徴をまとめるとともに,密接に関連する地震動強さの地域性について検討する.検討は被害集中域と震源断層との関係,および地盤構造との関係の二つの側面から行う.その結果,阪神地域の被害分布は震源断層だけでは説明できず,地盤構造の地域性を考慮する必要があることが分かった.

著者関連情報
© 社団法人 日本物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top