日本物理学会誌
理想的な核エネルギー利用体系を求めて
トリウム熔融塩核エネルギー協働システム
古川 和男加藤 義夫
著者情報
ジャーナル フリー

57 巻 (2002) 7 号 p. 467-475

詳細
PDFをダウンロード (7684K) 発行機関連絡先
抄録

再生型太陽エネルギーが主力となるのは世紀末であり, 化石燃料との中間は核分裂エネルギーで埋めざるをえない. その安全性・核廃棄物・プルトニウム問題等の決定的改善に向け, 照射損傷なく核反応・熱輸送・化学処理媒体を兼ねる7LiF-BeF2系熔融フッ化物塩を液体核燃料に利用して, トリウム増殖サイクルの熔融塩核エネルギー協働システムを世界に展開すべきである. これは, 黒鉛減速燃料自給自足型の公共施設的小型原発と, スポレーション反応利用で核転換増殖する加速器熔融塩増殖施設からなる. 世紀末の太陽エネルギーへの本格的交代期 (即ち, 核分裂エネルギーの終焉期) には, この協働システムから出る余剰中性子 (核燃料) を利用して経済的に核廃棄物を消滅しつつ, 地球環境・貧困解決のみでなく, 着実な核兵器完全廃絶を目指すことができよう.

著者関連情報
© 社団法人 日本物理学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top