日本物理学会誌
Online ISSN : 2423-8872
Print ISSN : 0029-0181
構造から探る生物分子モーター・キネシンのしくみ
吉川 雅英
著者情報
ジャーナル フリー

2003 年 58 巻 4 号 p. 232-238

詳細
抄録

地球上で最小の化学・力学エネルギー変換装置とは何だろうか?それは恐らく,キネシンと呼ばれる生体分子モーターであろう.この15年ほどの間に,遺伝子工学,一分子計測技術,構造生物学などの長足の進歩により,およそ5-6mmの大きさのキネシン分子が,どうやって働いているのか?という疑問に対して,定性的な話から,より定量的な観測がなされるようになってきた.本稿では,その中でもキネシン分子の「構造」を調べることで,どんなことが,どこまでわかってきたのかを解説する.

著者関連情報
© 社団法人 日本物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top