J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

脳循環代謝(日本脳循環代謝学会機関誌)
Vol. 25 (2014) No. 2 p. 37-41

記事言語:

http://doi.org/10.16977/cbfm.25.2_37

原著

3T MRI を用いて,中大脳動脈(MCA)狭窄症例の血管壁描出の可否を検討した.片側MCA 狭窄12 例および非狭窄例10 例を対象とし,両側MCA 水平部を,3T MRI のT1-CUBE 法で撮像した.狭窄側の最狭窄部と健常側,および非狭窄例の血管壁描出能とその厚さ,狭窄率との関係を検討した.全症例で動脈壁は高信号として描出された.血管壁の厚さは,狭窄例の病変側1.57±0.27 mm に対し,健常側1.19±0.08 mm であり,2 群間に有意差を認めた(p<0.05).一方,非狭窄例は,0.85±0.23 mm であり,狭窄例の病変側,健常側双方と比較して,有意に低値であった(各々p<0.001,p<0.05).また,狭窄率と血管壁厚の間には相関関係を認めた(R=0.69,p=0.019).3T MRI により,頭蓋内主幹動脈狭窄症例における血管壁の肥厚が観察され,内膜の動脈硬化性変化を反映していると考えられた.

Copyright © 2014 日本脳循環代謝学会

記事ツール

この記事を共有