脳循環代謝(日本脳循環代謝学会機関誌)
Online ISSN : 2188-7519
Print ISSN : 0915-9401
シンポジウム10 認知症、炎症と血管障害リスク
脳虚血後炎症
七田 崇伊藤 美菜子吉村 昭彦
著者情報
ジャーナル フリー

26 巻 (2014-2015) 2 号 p. 135-139

詳細
PDFをダウンロード (5314K) 発行機関連絡先
抄録

要旨 高齢化社会を迎え,脳卒中医療の重要性はますます高まっている.次世代の脳梗塞治療法の開発には炎症を制御することが重要であると考えられる.脳梗塞後の炎症の惹起には,虚血壊死に陥った脳組織から放出されるDAMPs,DAMPs を認識する炎症細胞の活性化,インフラマソームの活性化によるIL-1βの産生など,様々なメカニズムが寄与していることが明らかとなった.脳梗塞後の炎症の経過をさらに詳細に解明することにより,適切な炎症の制御を行うことで新規の脳梗塞治療法を開発できる可能性がある.

著者関連情報
© 2015 日本脳循環代謝学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top