脳循環代謝(日本脳循環代謝学会機関誌)
Online ISSN : 2188-7519
Print ISSN : 0915-9401
シンポジウム2 脳梗塞慢性期治療とNOACs
Clinical trial とthe real world
赫 寛雄齋藤 智子小林 万希子石村 洋平鈴木 友里愛井上 文田口 丈士井戸 信博加藤 陽久相澤 仁志
著者情報
ジャーナル フリー

26 巻 (2014-2015) 2 号 p. 63-66

詳細
PDFをダウンロード (2405K) 発行機関連絡先
抄録

要旨 新規経口抗凝固薬(novel oral anticoagulant; NOAC)の観察研究が欧米より報告され,第III 相国際共同試験との間に一部解離が認められた.理由として,第III 相試験における患者の選択・除外基準がreal world に即してない可能性があること,またreal world でのNOAC の用量設定の問題等が指摘された.大規模観察研究では,NOAC のワルファリンに対する有効性と安全性の評価は,対象とする母集団の背景因子(CHADS2 スコア等)によって異なっていた.ダビガトランについては,CHADS2 スコアの低い患者集団を対象とした場合,安全性の評価においても優れていた.また服薬非継続率に関する研究では,NOAC は一貫してワルファリンよりも優れていた.今後,本邦においても大規模な観察研究が行われ,real world での現状が示されることが望まれる.

著者関連情報
© 2015 日本脳循環代謝学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top