脳循環代謝(日本脳循環代謝学会機関誌)
Online ISSN : 2188-7519
Print ISSN : 0915-9401
新評議員
超高磁場MRIにて計測可能な脳温から推定される一酸化炭素中毒患者の脳循環代謝
藤原 俊朗
著者情報
キーワード: MRI, 1H-MRS, 脳温, CO中毒, 脳虚血
ジャーナル フリー

2017 年 28 巻 2 号 p. 333-336

詳細
抄録

脳循環代謝測定は,主に急性および慢性脳虚血における病態を把握するうえで重要な役割を果たしており,多くの研究が報告されている.一酸化炭素(carbon monoxide: CO)中毒においても慢性脳虚血でみられる貧困灌流と同様の状態であることが15O-PETを用いた研究で明らかにされていることから,これまで慢性脳虚血の病態解明および臨床応用に向けて開発されてきたMRIの撮像法や解析法がCO中毒へも応用できる可能性がある.当施設では,これまで3 Tesla MRI(3TMRI)のproton magnetic resonance spectroscopy(1H-MRS)から算出可能な脳温が脳循環代謝状態を反映することを明らかにしている.本稿では,この脳温をCO中毒患者において計測した結果について,脳循環代謝異常という観点から,その病態について述べる.

著者関連情報
© 2017 日本脳循環代謝学会
前の記事 次の記事
feedback
Top