環境情報科学論文集
Vol.35(2021年度 環境情報科学研究発表大会)
会議情報

報告
大山頂上の自然保全活動における人材確保の実態と課題に関する一考察
陣内 綾山口 創
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 292-297

詳細
抄録

自然保全活動における人材確保の実態と課題を明らかにするため,国立公園である大山の保全活動を行う「大山の頂上を保護する会」を事例に,人材確保の仕組みを分析した。インタビュー調査の結果,保全活動を担う人材は,計画策定や保全手法の改善に取り組む中心的人材と一般参加者に分類でき,中心的人材のなかでも数名のリーダーが,自身の所属組織や関係の深い組織から必要な人材を確保していること,一般参加者は,保護する会の会員企業や一般ボランティアから参加者を募る仕組みが整えられていることが明らかになった。また,今後,会員組織の減少に起因し中心的人材の確保が困難になりつつあることが示された。

著者関連情報
© 2021 (社)環境情報科学センター
前の記事 次の記事
feedback
Top