化学生物総合管理
Online ISSN : 1349-9041
報文
遺伝毒性発がん物質の閾値:頂上征服への一途上
福島 昭治鰐渕 英機森村 圭一朗魏 民
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 1 巻 1 号 p. 10-17

詳細
抄録

遺伝毒性発がん物質には閾値がないという考え方が定説となっている。このことが正しいかどうかを解決することを意図し、新しい手法による発がん実験を行った。ヘテロサイクリックアミンおよびN-ニトロソ化合物のラット肝あるいは大腸発がんを前がん病変およびがん関連マーカーを指標として検討すると、いずれも発がん物質に反応しない量のあることが判明した。このことから、遺伝毒性発がん物質の発がん性には閾値、少なくとも実際的な閾値が存在すると結論される。

著者関連情報
© 2005 特定非営利活動法人 化学生物総合管理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top