CHEMOTHERAPY
Online ISSN : 1884-5894
Print ISSN : 0009-3165
ISSN-L : 0009-3165
LevofloxacinによるStaphylococcus aureus, Bacillus subtilisおよびBacteroides fragilisの形態変化について
田中 真由美大槻 雅子西野 武志
著者情報
ジャーナル フリー

1992 年 40 巻 Supplement3 号 p. 51-56

詳細
抄録

合成化学療法剤levofloxacin (LVFX) のStaphylococcus aureus, Bacillus subtilisおよびBacteroides fragilisに対する抗菌作用を透過型電子顕微鏡を用いて, 形態変化の面から検討した。
S. aureusにLVFXを作用させると, 低濃度では分裂異常が認められ, MIC以上の濃度では細胞壁の肥厚および溶菌がみられた。B. subtilisでは, 菌体の伸長化, 球形化, 溶菌像が観察され, 細胞壁の切断像も認められた。B. fragilisでは, 菌体の伸長化およびブレッブ様構造, 外膜の切断像, そしてそれに次ぐ溶菌像が認められ, キノロン系抗菌剤の強い殺菌力が形態変化の面からも認められた。

著者関連情報
© 社団法人日本化学療法学会
前の記事 次の記事
feedback
Top