CHEMOTHERAPY
Online ISSN : 1884-5894
Print ISSN : 0009-3165
ISSN-L : 0009-3165
Levofloxacin (DR-3355) の嫌気性菌に対する抗菌活性
渡辺 邦友加藤 直樹武藤 吉徳板東 香お里上野 一恵
著者情報
キーワード: 嫌気性菌
ジャーナル フリー

1992 年 40 巻 Supplement3 号 p. 57-63

詳細
抄録

Levofloxacin (LVFX, DR-3355: S-ofloxacin) の各種嫌気性菌に対する抗菌活性を, DR-3354 (LVFXの光学異性体, R-ofloxacin), ofloxacin (OFLX: S, R混合物), tosufloxacin (TFLX) およびnorfloxacin (NFLX) のそれと比較した。LVFXのグラム陽性および陰性の嫌気性菌に対する抗菌スペクトラムは, OFLXと同様に広かった。LVFXは一般にOFLXおよびNFLXよりもそれぞれ2倍および8倍高活性であったが, TFLXよりもやや活性が低かった。DR-3354は嫌気性菌に対してほとんど活性を示さなかった。
LVFXはBacteroides thetaiotaomicron, Bacteroides ovatusおよびPrevotella biviaを除くグラム陰性桿菌に対して良好な活性を有し, そのMIC50は1.56μg/ml以下であった。Peptostreptococcus asaccharolyticusを除く嫌気性球菌に対して, LVFXは高い活性を有し, そのMIC90は0.39μg/ml以下であった。Bacteroides fragilis GAI5562に対し, LVFXおよびOFLXのいずれについてもほぼ同様の殺菌曲線が得られた。マウスモデルにおいて, LVFXは投与終了1日後および7日後に盲腸内のCiostridium difficileの異常増殖をもたらさなかった。

著者関連情報
© 社団法人日本化学療法学会
前の記事 次の記事
feedback
Top