日本化学療法学会雑誌
Online ISSN : 1884-5886
Print ISSN : 1340-7007
開発コンセプトを実証する抗菌薬治験の進め方
より良いガイドラインを求めて
守殿 貞夫松島 敏春岡本 了一青木 信樹小田切 繁樹荒川 創一相川 直樹岩田 敏坂巻 弘之石田 直文池田 俊也矢島 秀一池上 直己森 和彦紺野 昌俊
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 50 巻 8 号 p. 517-553

詳細
抄録

過去5年間に当院で入院治療を行った市中肺炎, 院内肺炎の経験をふまえて, 呼吸器感染症 (肺炎) に対する抗菌薬治験の進め方について発表し, 以下の結論を得た。80歳以上の高齢者および重症感染症に対する抗菌薬の治験はまったく実施されていないといえるが, もっとも抗菌薬が必要とされる対象であり, 有効性安全性の検討が第III相までにある程度なされるべきであろう。市中肺炎のみの臨床治験の実施で薬剤が製造承認され, 院内肺炎に対して使用されている。院内肺炎に対する臨床治験も今後必要となろう。内服βラクタム薬の投与量は体内動態, ブレイクポイントMICなどを考慮し再考を要する。

著者関連情報
© 社団法人日本化学療法学会
前の記事
feedback
Top