地学教育
Online ISSN : 2423-8953
Print ISSN : 0009-3831
ISSN-L : 0009-3831
資料論文
火成活動を通時的に理解するための中学校理科の探究的学習プログラムの開発―単元計画の工夫と生徒実験を活用したW型問題解決モデルの適用―
武永 有岐子杉田 泰一山崎 博史 松浦 拓也
著者情報
ジャーナル 認証あり

2022 年 74 巻 2 号 p. 75-88

詳細
抄録

中学校理科での火成岩に関する各学習項目をマグマの一連の冷却過程の中で通時的に関連付けて配置し,生徒の探究的な活動を組み入れたW型問題解決モデルと親和性の高い学習プログラムの開発とその実践的検討を行った.生徒と指導者が双方向に関わりながら探究的な活動を繰り返し行い,生徒自身が計画・実施した実験を通して,生徒は斑状組織のでき方をマグマの動きと関連付けて考察した.その結果,約9割の生徒がステージ間連携段階の理解に至ったと判断された.

著者関連情報
© 2022 日本地学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top