日本畜産学会報
Online ISSN : 1880-8255
Print ISSN : 1346-907X
ISSN-L : 1880-8255
黒毛和種去勢肥育牛の体測定値利用による生体重の簡易推定法に関する研究
Lellah RAHIM原田 宏福原 利一
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 67 巻 2 号 p. 115-119

詳細
抄録

黒毛和種去勢肥育牛の生体重(BW)の予測およびいくつかの体尺測定値を用いた簡易推定式を新たに作成するため,宮崎県および鹿児島県畜産試験場における1986年から1993年の黒毛和種産肉能力検定間接法調査牛801頭の体測定値のデータを用いて,Stepwiseの重回帰分析法を行なった.また,得られた推定式の精度について検討を行なった.検討されたすべての体重推定式に取り込まれた体尺測定値は胸囲(CG),体長(BL),十字部高(HH)および寛幅(TW)であった.肥育期間中2ヵ月ごとの単独のステージ,あるいは2ないし3ステージをプールして作成された推定式の寄与率は78.2~92.1%であった.全肥育期間をプールしたときの体重の簡易推定式は96.1%と最も高い寄与率を示し,その推定式はBW(kg)=3.7CG+2.4BL+2.3HH-862.2(すべてcm)であった.なお,全肥育期間をプールしたときの推定式を供試牛の各ステージごとに適用して求めた推定体重と対応する供試牛の体重実測値の差の平均値は,14.6~18.7kgであり,それぞれのステージごとに作成した推定式を用いた場合の15.1~18.0kgと比較してほぼ同様か若干小さくなることが認められた.

著者関連情報
© 社団法人日本畜産学会
次の記事
feedback
Top