智山学報
Online ISSN : 2424-130X
Print ISSN : 0286-5661
ISSN-L : 0286-5661
『即身成仏義』の背景
渡辺 新治
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 48 巻 p. 77-90

詳細
抄録

ここでは、即身成仏がどのようにして説かれたのかを、見ていこうということである。当然のことながら、『弁顕密二教論』(以下に『二教論』)に弘法大師空海が、真言宗の特徴として、一、能説の仏身 二、所説の教法 三、成仏の遅速 四、教益の勝劣があげられるが、これらは、法身説法と即身成仏の二点に集約することができ、また、法身説法と即身成仏はかけ離れたものではない。即身成仏を述べる時、法身説法の考えが重要であり、また逆に法身説法を語る時に、即身成仏の考えが基盤となっている。そこで、ここでは即身成仏の考えのできあがった背景の一端を見ていくことにする。

著者関連情報
1999 智山学報
前の記事 次の記事
feedback
Top