ケモインフォマティクス討論会予稿集
第36回情報化学討論会 つくば
会議情報

ポスター発表
ab initio法を用いたシクロアルカンの融点のサイズ依存性に関する研究
*今村 優吾山口 悟
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. P9

詳細
PDFをダウンロード (398K) 発行機関連絡先
抄録

代表的な有機化合物として,炭化水素から構成され鎖状構造をもつアルカンと環状構造をもつシクロアルカンがある。それらの代表的な物性である沸点や融点は,それらを構成する炭素原子数に依存したサイズ依存性がある。これまで,アルカンの沸点と融点のサイズ依存性は明らかになっている。しかしながら,シクロアルカンの沸点はそのサイズに比例することがわかっているが,融点のサイズ依存性は未だ明らかになっていない。そこで本研究ではシクロアルカンの融点の特異的なサイズ依存性に着目し,フリーのプログラムパッケージであるWinmostarとGAMESSを用い,それはシクロアルカンのどのような性質に起因するのかを理論的に評価した。その結果,シクロアルカンの融点のサイズ依存性はその分子構造が大きく関与していることが示唆された。

著者関連情報
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top