J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

第39回ケモインフォマティクス討論会 浜松
p. O11-

記事言語:

http://doi.org/10.11545/ciqs.2016.0_O11

口頭発表
主催: 日本化学会情報化学部会
共催: 日本薬学会
日本農芸化学会
日本分析化学会
日本コンピュータ化学会
会議情報
会議名: ケモインフォマティクス討論会
回次: 38
開催地: 浜松
開催日: 2016/09/29 - 2016/09/30

反応における重要な分子サイズ・形状に関する情 報を回帰分析により抽出する手法について発表する。具体的には、バラバラにした分子構造(0,1のベクトルに変換した3次元 分子構造)を記述子に、反応速度や立体選択性を目的変数として正則化回帰を用いて回帰式を作成した。作成した回帰式の係数 をもとに、反応における重要部分構造が可視化できる。可視化した重要部分構造をもとに分子デザインを試みた。発表では、解 析の詳細について報告する。

Copyright ©

記事ツール

この記事を共有