ケモインフォマティクス討論会予稿集
第39回ケモインフォマティクス討論会 浜松
会議情報

口頭発表
有機反応におけるデジタル化分子構造の回帰分析
*山口 滋袖岡 幹子
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. O11-

詳細
PDFをダウンロード (1245K) 発行機関連絡先
抄録

反応における重要な分子サイズ・形状に関する情 報を回帰分析により抽出する手法について発表する。具体的には、バラバラにした分子構造(0,1のベクトルに変換した3次元 分子構造)を記述子に、反応速度や立体選択性を目的変数として正則化回帰を用いて回帰式を作成した。作成した回帰式の係数 をもとに、反応における重要部分構造が可視化できる。可視化した重要部分構造をもとに分子デザインを試みた。発表では、解 析の詳細について報告する。

著者関連情報
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top