J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

リアルオプションと戦略
Vol. 8 (2016) No. 1 p. 6-9

記事言語:

http://doi.org/10.12949/cjaros.8.1_6

公開研究会 講演要旨

バイオマスの転換にはさまざまな方法があり大きく分けて熱化学的転換と生物学的転換がある。これまでにバイオ燃料の製造開発が国内外において技術主導で行われてきた。しかしながら、国内のバイオマスは広く薄く分布するいわゆる小規模分散型であり、プラントオペレーションにおいてはエネルギーバランスの観点から原料の不確実性が重要な要素とされる。またバイオ燃料の走行段階では距離の不確実性も考慮しなければならない。現在は、これまでの技術主導のバイオ燃料製造に対し、ライフサイクルアセスメント(LCA)の手法を用いた定量的な調査が有用であるとされ注目を浴びている。本報告では、それぞれのバイオ燃料製造技術の特徴と不確実性の関係をLCAの観点から紹介しながら、バイオマスエネルギーの可能性について議論したい。

Copyright © 2016 日本リアルオプション学会

記事ツール

この記事を共有