臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
短報
インダパミド投与による低ナトリウム血症が原因と考えられた意識障害患者の1例
濱野 忠則山本 智子宮森 勇栗山 勝
著者情報
ジャーナル 認証あり

2008 年 48 巻 1 号 p. 52-55

詳細
抄録

サイアザイド系類似利尿薬であるインダパミド投与による低Na,低K血症が原因と考えられた意識障害の1例を報告する.症例は83歳の女性である.高血圧治療のため,インダパミドの投薬を開始し約2カ月後より悪心,嘔吐,食欲低下が出現し,頻回の転倒,意識障害もみとめられたため入院した.意識混濁(JCS 20)以外に明らかな巣症状はみとめなかった.いちじるしい低Na(115mEq/l),および低K(2.8mEq/l)血症を呈していたが,インダパミド中止により意識レベル,ならびに電解質はすみやかに正常化した.低Na,低K血症の機序として,利尿作用によるNa, Kの尿中への排泄増加,ならびにADH分泌促進,および嘔気,嘔吐による摂取量低下が考えられた.インダパミドはサイアザイド系利尿薬同様の電解質異常が出現しうる.近年脳梗塞二次予防効果が報告されて以来,神経内科領域での本剤の使用量が増加してきており,注意を喚起する意味で報告した.

著者関連情報
© 2008 日本神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top