J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

臨床神経学
Vol. 48 (2008) No. 2 P 106-113

記事言語:

http://doi.org/10.5692/clinicalneurol.48.106

原著

平成16年度に厚生労働省特定疾患治療研究事業パーキンソン病(PD)関連疾患として受給者証が交付された75,026人のうち,電子入力され厚労省から研究用に提供されたPD 23,058人の臨床調査個人票を集計・解析した.平均年齢71.3歳,平均発症年齢62.7歳で,男女比1:1.47であった.40歳未満の若年発症PDは626人(2.7%)で,863人(3.7%)にPDの家族内発症をみとめた.初発症状は振戦が53.6%でもっとも多かった.今回の集計・解析は,対象がYahr III度以上のPD患者に限られる.このため医療費補助との関係でバイアスが入る可能性がある.医師の能力や診断基準が明瞭でないなど診断精度に問題があり,交付件数に比して利用可能な登録データ件数が少ないなど多くの制約はある.しかし本邦におけるPD患者の実態の一端を反映すると考えられた.

Copyright © 2008 日本神経学会

記事ツール

この記事を共有