臨床神経学
総説
超急性期脳梗塞に対するrt-PA静注療法
木村 和美
著者情報
ジャーナル フリー

48 巻 (2008) 5 号 p. 311-320

詳細
PDFをダウンロード (778K) 発行機関連絡先
抄録

わが国でも2005年10月に発症3時間以内の脳梗塞に対してrt-PAの使用がみとめられbrain attackの時代が到来した.2007年3月までに約5,700例に使用され,2,484例(平均70歳,投与前NIHSS中央値15)の解析によると,3カ月後の転帰でmRS0∼1 32%,死亡20%,症候性頭蓋内出血が5.2%であった.当院にて平成19年11月までに,63例(中央値74歳,NIHSSスコア中央値14)にrt-PA静注療法をおこなった.rt-PA投与直後のdramatic recoveryは8例(12.7%)で,7日目の転帰は,著効49.2%,改善15.9%,増悪12.7%であった.投与直後(1時間以内)の再開通率は43.5%で,再開通例では7日目の著効・改善が非再開通例とくらべ多かった(70% vs. 31%).非早期再開通の因子として心房細動があげられた.rt-PA投与前DWI所見をDWI-ASPECTSにて評価し,1週間後の転帰についてしらべると,転帰不良例はDWI-ASPECTSが5点以下では8例中6例,DWI-ASPECTSが6点以上では41例中2例であった(p<0.0001).以上よりrt-PA投与前のDWI-ASPECTSが5以下のばあいは,rt-PAの効果はあまり期待されないと考えられる.

著者関連情報
© 2008 日本神経学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top