臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
ISSN-L : 0009-918X
症例報告
炭酸リチウムが奏効した反復性過眠症の1例
小川 朋子田川 朝子橋本 律夫加藤 宏之
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 50 巻 10 号 p. 700-703

詳細
抄録

反復性過眠症の38歳女性例を経験した.発症は26歳で,食欲不振と失禁をともなう高度の過眠のエピソードをくりかえした.過眠期に脳波の徐波化をみとめたが,間欠期脳波は正常で,過眠期の髄液オレキシン濃度も正常であった.炭酸リチウムを中止すると過眠期が頻発し,再開にて過眠発作は軽減した.反復性過眠症の治療は確立していないが,本例では炭酸リチウム療法が有効であったため報告する.

著者関連情報
© 2010 日本神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top