臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
ISSN-L : 0009-918X
症例報告
初期には脊髄小脳変性症と診断され,オリーブ・橋・小脳病変が高度であった進行性核上性麻痺の1剖検例
岩崎 靖森 恵子伊藤 益美三室 マヤ吉田 眞理
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 51 巻 10 号 p. 756-760

詳細
抄録

症例は死亡時72歳の女性である.63歳時に歩行障害と構音障害で発症し,画像所見上は小脳・脳幹萎縮がめだち,初期には脊髄小脳変性症と診断された.眼球運動障害,体幹に強い筋強剛,把握反射,頭部MRIでの中脳被蓋萎縮所見が経過とともに出現し,発症6年後に進行性核上性麻痺と診断を変更した.病理学的には前頭葉萎縮,脳幹被蓋萎縮に加え,オリーブ・橋・小脳系の変性が高度で,神経原線維変化とGallyas陽性/タウ陽性のグリア細胞内構造物,argyrophilic threadを広範かつ多量にみとめた.小脳・脳幹病変が強く,脊髄小脳変性症に類似した臨床症候を呈する進行性核上性麻痺のサブタイプに属する症例と考えられた.

著者関連情報
© 2011 日本神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top