J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

臨床神経学
Vol. 51 (2011) No. 2 P 103-109

記事言語:

http://doi.org/10.5692/clinicalneurol.51.103

総説

Cortical spreading depressionは片頭痛の前兆への関与に加え三叉神経血管系を活性化させ頭痛発生のtriggerとなる可能性が示されている.脳硬膜および三叉神経節にはcalcitonin gene-related peptide(CGRP)に加え,侵害刺激受容体transient receptor potential cation channel, subfamily V, member 1(TRPV1)の存在が明らかにされ片頭痛の病態への関与が考えられている.本稿では片頭痛における基礎研究の進歩およびCGRP受容体アンタゴニストをふくむ最近の治療について概説する.

Copyright © 2011 日本神経学会

記事ツール

この記事を共有