臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
原著
Duchenne型筋ジストロフィー進行例では腎機能障害が多い
松村 剛齊藤 利雄藤村 晴俊佐古田 三郎
著者情報
ジャーナル フリー

52 巻 (2012) 4 号 p. 211-217

詳細
PDFをダウンロード (361K) 発行機関連絡先
抄録

呼吸管理や心筋保護治療により,Duchenne型筋ジストロフィーの生命予後はいちじるしく改善したが,心機能障害の遷延により循環動態の脆弱性が課題となる.われわれは,最近心機能指標が比較的保たれたまま腎不全で死亡した症例を6例経験し,本症における腎機能障害に関心を抱いた.筋萎縮症例ではcreatinineが低下するため,筋量に影響されないcystatin CをもちいてDMD 103例を評価したところ,30歳以上の患者では3割以上が異常値を示し,貧血と腎機能障害の関連も示唆された.本症の医療管理では心腎貧血連関に留意すべきで,適切な水分バランスや貧血に対する積極的治療などが必要と思われる.

著者関連情報
© 2012 日本神経学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top