J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

臨床神経学
Vol. 53 (2013) No. 11 p. 992-993

記事言語:

http://doi.org/10.5692/clinicalneurol.53.992

2 心房細動に伴う心原性脳塞栓症の予防

新規経口抗凝固薬(Novel Oral Anticoagulants; NOAC)として,直接的トロンビン阻害薬であるダビガトランならびに凝固Xa因子阻害薬であるリバーロキサバンとアピキサバンが承認され臨床応用されている.これらNOACの第III相臨床試験ではワルファリンと比較して有効性,安全性ともにすぐれていることが明らかになった.とくに頭蓋内出血の発症が少ないことがNOACの特筆すべき特徴といえる.これらNOACは非弁膜症性心房細動患者(Non-valvular atrial fibrillation; NVAF)の脳梗塞発症予防のために有用な薬剤であるといえる.

Copyright © 2013 日本神経学会

記事ツール

この記事を共有