J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

臨床神経学
Vol. 54 (2014) No. 3 p. 218-222

記事言語:

http://doi.org/10.5692/clinicalneurol.54.218

症例報告

症例は59歳男性である.肺癌で化学療法,放射線療法中であった.左下肢の脱力が突発し当科を受診した.MRIでは右前大脳動脈(anterior cerebral artery; ACA)領域に急性期梗塞巣が多発していたが,MRAにて右ACAの描出は良好だった.アスピリン,ヘパリンとエダラボンの投与をおこなった.4日目に呼吸苦が悪化し,胸部CTにて著明な心囊液貯留をみとめた.心タンポナーデと診断して緊急心囊ドレナージをおこない,呼吸状態は劇的に改善した.心囊液は血性で組織診にて肺癌の心膜浸潤による心タンポナーデと診断した.6日目の3D-CTAにて右ACAに動脈解離の所見をみとめた.脳梗塞急性期治療のまれな合併症として心タンポナーデがおこりうることを認識する必要がある.

Copyright © 2014 日本神経学会

記事ツール

この記事を共有