臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
症例報告
男性型脱毛症用薬フィナステリド服用中に若年性脳卒中を発症した2症例
辻 佑木生中山 貴博坊野 恵子北村 美月今福 一郎
著者情報
ジャーナル フリー

54 巻 (2014) 5 号 p. 423-428

詳細
PDFをダウンロード (1116K) 発行機関連絡先
抄録

症例1は35歳男性である.6ヵ月前より禿頭予防にフィナステリド1 mg/日を内服していた.頭痛と痙攣発作を発症し,右前頭葉に出血をともなう低吸収域をみとめ,CT venography(CTV)で脳静脈洞血栓症と診断した.症例2は41歳男性である.2年前より禿頭のためフィナステリド1 mg/日,ミノキシジル6 mg/日を内服していた.頭痛を発症し,左頭頂側頭葉に散在する脳梗塞をみとめた.フィナステリド服用中の血栓症発症は,医薬品医療機器総合機構(The Japan Pharmaceutical and Medical Devices Agency; PMDA)へは,当院例を併せて14症例報告があり,脳卒中4例,心筋梗塞6例,その他4例であった.フィナステリドによるエストロゲン上昇の報告があり,血栓症発症への関与が考えられた.

著者関連情報
© 2014 日本神経学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top