臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
ISSN-L : 0009-918X
原著
SOD1遺伝子L106V変異家族性筋萎縮性側索硬化症における下部尿路機能障害の発現時期と排尿神経機構の病理所見
日根野 晃代小栁 清光中村 昭則下島 吉雄吉田 邦広池田 修一
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 56 巻 2 号 p. 69-76

詳細
抄録

SOD1遺伝子L106V変異家族性筋萎縮性側索硬化症家系における下部尿路機能障害の発現時期および「排尿に関連する神経機構」各部位の病理学的所見を検討した.20例中10例で下部尿路機能障害を認め,5例が発症1年以内に発現した.人工呼吸器装着例では8例中6例が発現,うち3例は人工呼吸器装着とほぼ同時期であった.「排尿神経機構」では前頭葉,線条体,視床,視床下部,黒質,中脳水道灰白質,脊髄上行路,側索下行路,中間外側核,Onuf核が障害されていた.SOD1遺伝子L106V変異では発症1年前後と早期から下部尿路機能障害が発現し,蓄尿症状が多く,人工呼吸器使用とほぼ同時期に発現する症例がみられる.

著者関連情報
© 2016 日本神経学会
次の記事
feedback
Top