臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
ISSN-L : 0009-918X
短報
早期の脳生検で診断,治療しえたLymphomatosis cerebriの71歳男性例
山口 奈々香松田 俊一吉澤 利弘重枝 諒太井上 智弘内堀 雄介
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 59 巻 5 号 p. 286-289

詳細
抄録

4カ月の経過で傾眠と体幹失調が緩徐に進行した71歳男性.頭部MRIにて中脳から視床,大脳白質にかけFLAIR高信号域と点状の造影効果あり.Lymphomatosis cerebri(LC)を疑い,造影効果が明瞭化した部位より生検を行い,びまん性大細胞型B細胞リンパ腫と確定診断.大量メトトレキセート療法を開始,3カ月で小康状態に至った.LCは中枢神経原発性悪性リンパ腫の稀な一亜型で,画像上は感染症や自己免疫性疾患との鑑別が困難であり診断には生検が必須である.本例のような画像所見に遭遇した際LCも念頭におき,生検部位を検討の上,早期に実施することが予後の改善につながるものと考え報告した.

著者関連情報
© 2019 日本神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top