臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
ISSN-L : 0009-918X
てんかん治療中に左大脳半球石灰化の出現から診断に至ったBorden type III硬膜動静脈瘻の1例
齋藤 和幸日野 太郎藤田 聡林 盛人久保寺 隆行和田 義明
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: cn-001200

詳細
抄録

症例は67歳女性.2008年にくも膜下出血に対するコイル塞栓術及びシャント術が行われた.2016年にてんかんと診断され,徐々に認知機能が低下した.2017年10月にてんかん発作の再発で入院した.入院時の頭部CTで左頭頂葉に石灰化が見られた.数日後の頭部CTでは石灰化周囲の脳溝が不鮮明となり,造影CTでは同部位に早期に皮質静脈が描出された.脳血管撮影にてBorden type IIIの硬膜動静脈瘻(dural arteriovenous fistula; DAVF)と診断され,血管内治療を施行した.脳内石灰化を伴うBorden type III DAVFにも関わらず緩徐に進行したと考えられた.

著者関連情報
© 2019 日本神経学会
feedback
Top