コンクリート工学
Online ISSN : 2186-2753
Print ISSN : 0387-1061
ISSN-L : 0387-1061
解説
コンクリート構造物のリスクマネジメントの現状
牛島 栄山本 泰彦
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 47 巻 6 号 p. 6_11-6_18

詳細
抄録

コンクリート構造物の計画から供用までの建設執行プロセスのリスクについて,それぞれの段階で考慮すべきリスクを特定し,それらの分析・評価に経営管理手法の一つである「リスクマネジメント」の手法を導入する研究の現状を紹介する。次いで,実務技術者を対象としたアンケート調査結果により,橋梁上部工,橋梁下部工,中高層RC集合住宅およびボックスカルバートのコンクリート工事において,各種の施工不具合や施工障害の発生確率,発生要因,対処方法および対処費用などを明らかにし,コンクリート構造物の施工リスク評価を試みている研究報告の一端を紹介する。

著者関連情報
© 2009 公益社団法人 日本コンクリート工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top