J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

コンクリート工学
Vol. 27 (1989) No. 6 p. 38-46

記事言語:

http://doi.org/10.3151/coj1975.27.6_38


開発中のH-IIロケット用のLE-7エンジン燃焼試験設備が, 種子島宇宙センターに完成した。この設備のうち, テストスタンド基礎, フレームデフレクターおよびスピルウェイ (煙道) は, 燃焼試験時の排ガスを受け止めて空中に発散させる役目をもつ。これらの設備はピット形状をした地下構造物であり, 設計荷重としては, 通常作用する土圧や積載荷重のほか, 特殊なものとして, 燃焼テスト時の振動をともなう推力, 音響振動, 温度等を考慮した。

Copyright © 公益社団法人 日本コンクリート工学会

記事ツール

この記事を共有