J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

コンクリート工学
Vol. 45 (2007) No. 11 p. 36-41

記事言語:

http://doi.org/10.3151/coj1975.45.11_36


佐川美術館樂吉左衛門館は, 展示室・茶室の内外壁面に杉木目を有するブラックコンクリート化粧打放し仕上げを採用している。この高意匠ニーズの実現と美術館に求められる機能を満足するために, 最適なブラックコンクリート調合の選定, アンモニアガス発生量の抑制方法, 最適な杉木目転写仕上げ技術と施工方法等, 数多くの技術的課題について検討し, 種々の実験を経て, 実施工に臨み, 良好なコンクリートの黒味と杉木目の転写を得ることができた。

Copyright © 公益社団法人 日本コンクリート工学会

記事ツール

この記事を共有