日本都市計画学会中部支部研究発表会論文集
Online ISSN : 2435-7316
ここちよい広場空間の創出に向けた、3Dモデルを活用したデザインシミュレーション
- 富山県富岩運河環水公園お花見広場の再整備 -
白井 勝敏橋 侑利横木 将也野村 敦
著者情報
研究報告書・技術報告書 オープンアクセス

2021 年 32 巻 p. 65-66

詳細
抄録

富山県富岩運河環水公園は、富岩運河の歴史資源を活用した公園整備が進められ、富山県のシンボルとして、県民をはじめ多くの観光者等に親しまれている。公園東側のサブエントランスとなるお花見広場は、サクラを主体とした樹木と芝生で構成された広場であるが、樹勢の衰えた樹木が多く、かつ休憩施設等がないため、景観性や快適性、利便性の向上を図り、ここちよい広場空間の創出のための再整備が求められた。再整備にあたっては、既存樹木や移植樹木、新規樹木の配置、それらを踏まえたエントランスや休憩施設等の配置や形状等について、多面的な視点で検討する必要があった。このため、ドローンによる写真撮影(空撮)や3Dモデリングデータを活用し、樹木や休憩施設等の配置や公園内外からの広場の見え方をわかりやすく表現し、その内容について関係者と協議、調整を図った。本稿では、再整備に向けて実施した3Dモデルを活用したデザインシミュレーションの内容について報告する。

著者関連情報
© 2021 公益社団法人 日本都市計画学会 中部支部
前の記事
feedback
Top