日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集
Online ISSN : 2189-8081
Print ISSN : 1348-592X
ISSN-L : 1348-592X
社会基盤整備の歴史的変遷にみる市街地整備の今日的課題
-兵庫県西宮市瓦木地区を対象に-
小林 礼奈柳野 友希山口 行一岩崎 義一
著者情報
研究報告書・技術報告書 フリー

2021 年 19 巻 p. 49-52

詳細
抄録

市街地の形成と狭隘街路の形成には密接な関係があるが、建築基準法 42 条 2 項道路が未整備のまま今日に至って いる。本研究では、住環境改善の観点から現時点の狭隘道路問題の把握と対応策を検討するための情報を収集する ことを目的に、住宅需要が高いものの、比較的小規模住宅が多いため、土地区画整理事業などを通じた道路整備が 行いにくい都心部住宅地である兵庫県西宮市瓦木地区を対象に、1990 年から 2020 年にかけて狭隘道路の変化を分 析した。その結果、土地区画整理事業が市街化の進む前に実施された地区と異なり、実施されなかった地区は、2 項 道路の先にミニ開発が行われるなどして、建築基準法 42 条 1 項 5 号の位置指定道路が増えていることがわかった。

著者関連情報
© 2021 公益社団法人 日本都市計画学会 関西支部
前の記事 次の記事
feedback
Top