危機管理研究
Online ISSN : 2434-6225
Print ISSN : 0919-245X
自治体の計画分析による都市レジリエンス評価に関する研究
増田 幸宏関 尋仁
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 28 巻 p. 9-15

詳細
抄録

本研究ではThe Rockefeller Foundation(ロックフェラー財団)とOve Arup & Partners(オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ社)が開発した「City Resilience Framework」及び「City Resilience Index」を基に,自治体の計画を都市レジリエンスの向上という観点から分析し,都市のレジリエンスを評価することを目的とする。各自治体の計画や方針に関して公開されている資料を対象に,「City Resilience Framework」及び「City Resilience Index」の目標と対応しているかどうかを調査し,その結果をレーダーチャートとして表現した。ただし既存の評価システムには限界があるため,今後は日本独自のレジリエンス評価システムを開発する必要がある。

著者関連情報
© 2020 日本危機管理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top