J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

コンクリート工学論文集
Vol. 28 (2017) P 15-24

記事言語:

http://doi.org/10.3151/crt.28.15


本論文では凍結融解によるコンクリートの損傷を支配する要因を理解することを目的として検討を実施した。模型流路を作製して液状水を導入し,凍結させた結果,インクボトル構造を有する場合に損傷が生じること,ボトル部分に気泡が存在する場合には損傷が回避されること,またボトル部分とネック部分のサイズ比の増加により気泡が残留しやすくなることを確認した。そこで,ボトル部分を拡大することで,液状水浸潤時の気泡残留を促進することを目的として,未硬化セメントペーストを減圧下で養生し,凍結融解試験を実施した。その結果,減圧養生を与えたセメントペーストにおいて凍害損傷が抑制されることを確認した。

Copyright © 2017 公益社団法人 日本コンクリート工学会

記事ツール

この記事を共有