J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

コンクリート工学論文集
Vol. 28 (2017) P 35-45

記事言語:

http://doi.org/10.3151/crt.28.35


本研究では,火害による劣化部の面的な範囲と深さを,コンクリートの片側表面から衝撃弾性波法により評価する方法について検討することを目的とした。その結果,接触時間は,コンクリートの弾性係数とブリネル硬さを反映し,劣化部の面的な範囲を推定できると考えられる。ただし,劣化の程度が軽微であれば,試験方法の測定精度による誤差との判別が困難となり,範囲を狭く推定する可能性がある。また,多点表面伝搬時間差法は,加熱面からの深さ方向の弾性波速度の構造を評価でき,劣化部の深さを推定できる。ただし,加熱範囲外では過少に推定すること,また,X線CT法で劣化部の深さが50mm程度未満と評価される劣化は判断できないことがわかった。

Copyright © 2017 公益社団法人 日本コンクリート工学会

記事ツール

この記事を共有