環境と安全
Online ISSN : 2186-3725
Print ISSN : 1884-4375
原著
大学等の化学物質取り扱い作業場のばく露管理における個人ばく露測定とリスクアセスメントの有効性について
中村 修青木 隆昌松原 孝至木間 富士子松浪 有高進藤 拓関根 守武田 誠後藤 裕之柏木 保人榊原 洋子鈴木 雄二長谷川 紀子
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 4 巻 1 号 p. 1_15-1_23

詳細
抄録

   大学の研究室における化学物質の使用は短時間で間欠的な場合が多い。このため、労働安全衛生法で規定されている有害物質取扱作業場を対象とした作業環境測定では、研究室の健康障害リスクを検出できない可能性が指摘されている。著者らは個人ばく露測定や、化学物質リスクアセスメントを活用することによって、作業環境測定に基づくばく露管理をより適正に実施しうると考えた。これを検証するために、作業環境測定と個人ばく露測定の併行測定、並びにリスクアセスメントの試行を行った。それらの結果、個人ばく露測定とリスクアセスメントは作業環境測定では検出できない健康障害リスクを検出し、従来の作業環境測定に基づいた作業環境管理を補う可能性が示唆された。

著者関連情報
© 2013 大学等環境安全協議会
前の記事 次の記事
feedback
Top