昭和歯学会雑誌
Online ISSN : 2186-5396
Print ISSN : 0285-922X
ISSN-L : 0285-922X
レーザーマイクロダイセクション法の外科病理学への応用
入江 太朗立川 哲彦
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 26 巻 4 号 p. 355-360

詳細
抄録

レーザーマイクロダイセクション法は, 組織標本上の特定領域ないし特定の細胞を回収することにより, そこから得られた核酸や蛋白質を様々な分子生物学的解析に用いることを可能とした解析手法である.われわれは, 本法の外科病理学への応用について様々な研究を進めてきたのでその一部を紹介させて頂く.本法は形態学と分子細胞生物学の橋渡しとなり得るものであり, 病理学分野に留まらず広く学際的研究において大きな役割を果たすことが可能であると考えられる.今後の展望も含めて概説する.

著者関連情報
© 昭和歯学会
前の記事 次の記事
feedback
Top